So-net無料ブログ作成
検索選択

安室奈美恵さん、ライブでのMCの導入をエイベックスより要求される [歌手]



安室奈美恵さんのライブは、約2時間20数曲をキレのあるダンスと共に歌い切りますが、
安室ライブの最大の特徴は歌の合間にMCを挟まないこと。

オープニングの曲からラストの曲まで、休むことなく歌い続け、踊り続け、コンサート中に発する言葉は、アンコール終了後の、「皆ありがとう。また来てね、バイバイ」だけという潔よさです。


『途中にMCを挟まずにライブをやり遂げること』これこそが安室奈美恵さんのライブにおける矜持だと思います。



安室ライブの壮絶さを目の当たりにしたフアンは彼女のライブを『鉄人ライブ』と褒め称えています。

以前ライブ中に声が出なくなり、やむなく当日のコンサートを中止、後日代替公演開催を告げた時も日頃の安室さんの頑張りを知っているフアンからは励ましの言葉だけが聞かれ一切不満が出なかったことは有名な話です。


ライブの途中にMCを挟まずに歌い切ることの大変さを安室フアンも十分に理解し彼女のライブに魅了されています。

そして、ライブから安室奈美恵さんとフアンの間に固い絆が生まれ、惹いてはそれが初バラードベストアルバム『バラード』の7作連続12作目のアルバム首位という快挙につながっていると思うのですが・・・。



あろうことか所属レーベルの母体であるエイベックスが、ライブの公演回数の増加と、ライブでのMCの導入を彼女の所属事務所ヴィジョンに要求したそうです。


安室さんは、最近は年に1枚アルバムを発表し、全国ツアーを行うというスタイルです。今年も8月から12月にかけて、13会場36公演の全国アリーナツアーの開催を予定していて、多くのフアンが楽しみに待っています。

2012年には全国5大ツアーの8公演で約34万人を動員し、動員数・公演数ともに女性ソロアーティスト歴代トップに輝いています。



安室さんの所属事務所ヴィジョンは、

『今の安室をファンに見てもらうにはMCなしのやり方がベストだし、公演回数も現在の回数が限界』として拒否していますので今の安室スタイルが変わることはないと思いますが、



安室さんがエイベックスの松浦勝人社長プロデュースの「TRY ME」でブレークし、世に広く出たアーティストだということで松浦勝人社長に恩を感じているかもしれませんが、今までの彼女の頑張りで充分に恩返しは出来ていると思います。



最悪の場合は今のレコード会社エイベックスを移籍してでも現在の安室スタイルのライブを続けて欲しいと思います。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。