So-net無料ブログ作成
検索選択

アンジェリーナ・ジョリーの主演映画『マレフィセント』初登場1位 [映画]



アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画『マレフィセント』が7月5日に公開され、土日2日間に動員50万837人、興行収入6.91億円を上げる快挙遂げました。


アンジェリーナ・ジョリー主演作品史上『Mr.&Mrs.スミス』(最終興収46.5億円)の週末記録を抜き、最高のオープニング成績を飾ると共に、今年公開された実写映画の中でも最高のオープニング記録を挙げました。


3月から16週連続興収1位の『アナと雪の女王』を抑え、初登場1位の大ヒットスタートです。



『マレフィセント』は、ディズニー・クラシックアニメーションの名作『眠りの森の美女』のオーロラ姫に“永遠の眠り” の呪いをかけた邪悪な妖精・マレフィセントが主人公の映画で、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛を描くダークファンタジーです


『禁断の呪い』をレフィセントはなぜオーロラ姫にかけてしまったのか。

そもそもマレフィセントは何者だったのか。

『眠れる森の美女』でも人気のある、呪いをかけた邪悪な妖精『マレフィセント』の視点から描かれます。



『マレフィセント』は、全国643スクリーン(字幕322/吹替え321)で公開。


初日の5日は、早朝から公開を待ちわびる熱心なファンが劇場に押しかけ、多くの劇場で、昼を過ぎた頃には夜以降の回が満席のため受付を終了した為、本編を見られずに劇場を後にした人も多かったようです。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。