So-net無料ブログ作成

ヤンキースの田中将大投手、右肘の炎症のため故障者リスト(DL)入り [スポーツ]



7月8日(日本時間9日)、インディアンス戦に先発し、6回2/3を投げ、ともにメジャー自己ワーストの10被安打、5失点で4敗目(12勝)を喫したヤンキース・田中将大投手,


2試合連続で先発投手の評価基準となるクオリティースタート(QS=投球回6以上で自責点3以内)をクリアできませんでした。


メジャー移籍後初めて続いた中4日の登板間隔での敗戦で、その影響があるのではないのかの声も聞かれましたが、

9日、右肘の炎症のため15日間の故障者リスト(DL)に入った模様です。



先発して七回途中までを5失点で4敗目を喫した8日のインディアンス戦後に痛みを訴え、9日にニューヨークへ戻って磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けています。


磁気共鳴画像装置(MRI)検査結果がまだわからないというのが不気味で心配です。
右肘の炎症、重篤なものでなければいいのですが・・・。



オールスター戦(15日、ミネアポリス)のメンバーに球宴選手間投票1位(選手、監督、コーチによる投票)で選ばれたマー君、 

日本選手としては7人目の新人での球宴出場。それどころか、日本投手史上初めての選手間投票「トップ当選」でした。



故障者リスト(DL)に入った為オールスター戦では当然投げることはできませんが、登板なしで参加可能ということで良かったです。

オールスター戦では元気な笑顔を見せて欲しいものです。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。