So-net無料ブログ作成
検索選択

うつ病の方朗報です。うつ病完全治癒率6割を誇るTMS(経頭蓋磁気刺激)治療 [医学]



新宿メンタルクリニックうつ病治療の大きな特徴は『薬を使わない』ということです。

カウンセリング専門の臨床心理士が10名いて、薬を使わずにTMS(経頭蓋磁気刺激)治療とカウンセリングを併用して治療を行います。


TMS治療は、磁気刺激4秒、ブレイク26秒のサイクルで約40分間行います。

通常30回行います。TMS治療による副作用はないとされています。



うつ病治療で、抗うつ剤などの薬に頼り症状が全く改善せ、飲んだ薬の副作用で寝たきりに近い状態になることも多いと聞きます。


新宿メンタルクリニックのうつ病治療、TMSとカウンセリングのみでの治療というのは大変魅力的です。



TMSも然ることながら、うつ病患者さんにとってカウンセラーの存在は大きいようです。


30回にわたるTMS治療、途中で諦めることなく治療を継続させるのは個々の患者へのカウンセリングの力が大きく働きます。勿論、心の病や認知の歪みの矯正にも・・・。




うつ病完治率6割、改善率8割を誇る『新宿メンタルクリニック』のTMS治療、一番の問題は治療費が高額なこと。


日本ではまだ承認されていないTMS治療ですので自由診療のため保険が使えず、約40分間の1回の治療で大体6万円かかる様です。30回の治療で約180万円。

(この治療費にはカウンセリング料金も含まれているのがせめてもの救いですが・・・。)



全国には、今、うつ病などの気分障害の患者さんが約100万人いるそうですが、患者数を劇的に減らすためにもTMSの薬事承認が一日も早いことを望みます。

参考書 週刊文春 2014 7 10号】



うつ病完全治癒率6割を誇るTMS(経頭蓋磁気刺激)治療 [医学]



TMS(経頭蓋磁気刺激)治療とは、脳に磁気刺激を与える治療法で、

特に機能低下が顕著な背外側前頭前野(DLPFC)に磁気刺激を与え、さらに奥にある扁桃体にも二次的刺激を与え、脳の機能を回復させる治療法です。



TMS(経頭蓋磁気刺激)治療自体は、アメリカで古くからあるものですが、


近年の治療機器の進化により2008年にFDA(米国食品医薬品局)がうつ病への治療装置として承認したことで全米に普及、600カ所の施設で1万人以上の患者さんが治療を受けています。


そして、アメリカ以外にも、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパでも普及し始めています。

残念なことに日本ではまだTMSの機械が薬事承認されていません。



そんな状況の日本ですが、世界的にも例のない大規模なTMS治療施設が昨年6月に誕生しました。



東京メトロ丸の内線西新宿駅すぐ・JR新宿駅 西口 徒歩約10分・都営大江戸線 都庁前駅 徒歩約8分の高層ビル・アイランドタワー24階にある『新宿メンタルクリニック』がそれです。



新宿メンタルクリニックは、TMS(経頭蓋磁気刺激)治療だけに特化したクリニックで、63の個室全てに最新鋭のTMS機器が設置されています。


新宿メンタルクリニックの大きな特徴は『薬を使わない』ということです。


(続きます)



「脳低温療法」で生還したシューマッハ氏とオシム氏   [医学]



元F1ドライバーのミハエル・シューマッハ氏がスキー事故で重傷を負い、こん睡状態に陥っているという報道があったのが半年前ですが、最近こん睡から目覚めたと報じられました。

そのシューマッハ氏が受けていたのが『脳低温療法』です。


脳低温療法とは、脳が傷害を受けた際、脳を守り蘇らせるため33度前後まで冷やす治療法のことで、

かつてのサッカー日本代表監督だったイビチャ・オシム氏が2007年に脳こうそくで倒れながら、脳低温療法で奇跡的な復活を果たした時も大きな話題を呼びました。


脳低温療法は、頭部外傷のほか脳出血、クモ膜下出血、蘇生後脳症などに適応がありますが、この療法は、多くの場合は脳が傷ついてから6時間以内に開始する必要があります。


体温を35度以下に下げようとするときに起こる生体防御反応を抑えるため、まず全身麻酔薬、筋弛緩薬等を患者に投与した後に、水冷式ブランケットなどを用いて患者の体温を31〜33℃程度に下げていきます。


身体の代謝機能を低下させて、脳内での有害な反応の進行速度を抑え、組織障害の進行を抑制するのが狙いです。



脳低温療法は、『脳の障害の進行を食い止める』ことを目的の治療法で、従来の治療法では脳に大きな障害が残る可能性がある時に効果が期待されていて、緊急時の脳の治療法として定着しつつあるようです。

                        
                                            【参考 ウイペディアキ】




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。