So-net無料ブログ作成
検索選択
政治・経済 ブログトップ

号泣県議・野々村竜太郎会見、米国ほか、英、仏、伊などのメディアも報道 [政治・経済]



野々村竜太郎兵庫県議会議員の政務活動費疑惑の釈明会見、日本のみならず米国ほか、英、仏、伊などのメディアも報道し、

英「インディペンデント」など複数メディアは、記事とともに動画(you tube )へのリンクを掲載したことから、世界中に拡散し、日本の政治家の動画としては異例の200万回を超える再生回数となっているようです



2013年度に195回の日帰り出張をして政務活動費から約300万円を支出し、3年間で800万円を支出していた不正疑惑の釈明会見ですが、


「何度見ても面白い」という人も多く、


釈明会見の号泣場面を、

「少子化問題ぐわあぁああ~」

「この、うわあぁぁあ~、世の中うぉ~変えたいぃぃーい、一心でええぇ~」

「オレがあああぁ…立候補してえええぇ~世の中ををを変えたいいぃぃ…一心でえええ~」といった具合に忠実に文字化する人も続出し、


政務活動費疑惑そのものよりも彼の人間性にみんな興味津々のようです。



野々村竜太郎兵庫県議会議員は、大阪市出身で、橋下徹大阪市長と同じ府立北野高校を卒業し、関大法学部へ入学。その後は兵庫県の川西市役所に勤めています。


2011年の兵庫県議会議員選挙に出馬し初当選しましたが、その際橋下徹氏率いる『大阪維新の会』とは無関係の『西宮維新の会』を1人で立ち上げて当選を果たしました。

当時、大きな波が来ていた『維新の会』をうまく利用した格好です。



野々村竜太郎議員は当選後は『奇行』が多く他の議員は皆距離を置いて接していたようです。


今や兵庫県民ならず日本人の恥さらしとまで言われる野々村竜太郎議員、彼に投票した兵庫県民は今どんな気持ちでいるでしょう・・・。



野々村竜太郎号泣の真実 [政治・経済]



野々村竜太郎氏がテレビでの釈明会見で号泣し波紋が広がっています。


野々村竜太郎氏は兵庫県議会の議員ですが、政務活動費疑惑が湧き上がりテレビで釈明会見を行いましたが、会見中突然号泣し、その姿のみっともなさが問題になり様々な所に波紋を広げています。


いやー、とにかくひどい釈明会見でした。号泣しながら話しているので内容がほとんど聞き取れません。
そもそもこの会見では号泣する要素は全く無いと思うのですが・・・。



釈明会見の発端は、

野々村竜太郎氏が平成23~25年度の3年間で、東京福岡などに視察などのために計345回日帰り出張したとして、政務活動費から約800万円を支出していたというもの。


平成25年度の政務費収支報告書が公開され、政務活動費疑惑問題について最初の報道があったのが6月30日。


収支報告書によると、

野々村議員は昨年度、東京都に11回、福岡市に16回出張。往復交通費として、それぞれ1回につき3万8610円と4万1880円を支出。

兵庫県内では、選挙区の西宮市から約100キロ離れた豊岡市に106回、佐用市に62回訪れ、全て日帰りだった。

1か月に8~12回の出張を繰り返し、1週間以上連続して出張を続けた月もあったようです。



政務調査費は、交付については2000年(平成12年)の地方自治法改正により制度化され、2001年(平成13年)以降、各自治体の条例により導入が進んでいます。

政務調査費の詳細は、各自治体の条例により定められていて、議会の会派又は議員に対して支給されます。


交付額や交付方法については、自治体により異なり、

共通している正当な支出は議員活動の範囲に関係する書籍等の購入費用(例:公害問題)、民間主催の議員研修会に参加するための費用、先進地視察の諸費用(例:ゴミ処理問題)、事務所費用などで、


議員活動とは関係ない支出(私的な行為など)は法令違反となるが、そのままとなっている例もあり、オンブズマンなどが度々告発している。

(ウィッキーペディアより)



兵庫県の場合には、月額50万円 政務活動費 が支給されることになっていますが、野々村議員、交通費だけで相当使っていますので、50万円枠限度いっぱい使っているのではないでしょうか。


ですが、 政務活動費 に関しては以前から使途不明のものが多かったようで、今回の野々村議員の釈明会見を見て「明日は我が身」と戦々恐々としている議員が多いのではないでしょうか。


野々村釈明会見、 政務活動費 の闇をあぶり出す端緒になるかも知れません。




鈴木章浩都議がセクハラヤジを認める [政治・経済]



塩村文夏都議が東京都議会でセクハラヤジを浴びた問題で、自民党の鈴木章浩都議( 51)が23日、あのヤジは自身の発言だったと認めました。

但し、「お前が結婚しろ!」のみで、あとから続いた「子どもを産めないのか」他の発言はしていないし、「誰が発言したのかわからない」と言っています。



鈴木章浩都議、当初は「私はヤジっていない、早く誰か名乗り出ればいいのに」と発言、「ヤジ発言の主は辞職に匹敵する」とも言っており、

今回名乗り出たことで今までは完全に嘘をついていたことが露見しました。



鈴木章浩都議が今回名乗り出て謝罪したのは、海外からも批判の声が上がり始めたことと、同じ自民党内からも批判の声が上がったことが大きいと思います。


特に海外からの批判は、、

東京都が6年後のオリンピック、パラリンピック開催を控えている中で、これ以上問題を大きくできないという配慮が働いたのでしょう。


また、自分の発した言葉が引き金になって蹟の「子どもを産めないのか」などいう発言が続いたとの思いから自らが率先して名乗り出たのでしょう。



ただ、鈴木章浩都議が名乗り出ただけでセクハラ発言の幕引きをしてはいけませんね。他のセクハラ発言者も特定し謝罪させる必要があると思います。

鈴木章浩都議をスケープゴートにさせてセクハラ発言の幕を引いてはいけません。



尚, 鈴木章浩都議、辞職はせずに都議会自民党を離脱し、「原点に帰ってまた頑張らさせていただきたい」と言っていますが、これも問題を起こした議員の常套句です。


塩村文夏都議が東京都議会でセクハラヤジを浴びた問題、今後はどう展開していくのでしょう。




政治・経済 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。