So-net無料ブログ作成

嵐主演映画「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ)LIFE IS HARD たぶん HAPPY」8月公開 [映画]



「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ)LIFE IS HARD たぶん HAPPY」は、

2002年に公開の『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』、

そしてその続編として2004年に公開された『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』、

それから10年を経て制作されたものです。



8月1日から東京・後楽の東京ドームシティホールで1カ月間の単館上映予定でしたが、計25万席が発売日翌日に完売するという偉業を達成。

嵐人気の凄まじさを改めて実感、即『拡大公開』の措置が決定しました。

これは奇しくも、「東京以外でも上映してほしい」という熱烈な嵐ファンの声に応えた形となりました。


「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ)LIFE IS HARD たぶん HAPPY」は、の『拡大公開』は、札幌を初め、名古屋、大阪、福岡の4都市で公開されます。

東京も含めると、計36万3000人を動員予定になるようです。



2002年に公開の『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』、

そしてその続編として2004年に公開された『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』、

2014年の「ピカ☆★☆ンチ(ピカンチ・ハーフ)LIFE IS HARD たぶん HAPPY」のピカンチシリーズは、

原案がV6の井ノ原快彦さん、 監修:堤幸彦さん、 監督:木村ひさしさんによるものです。



今回のピカ☆★☆ンチは、

品川区のマンモス団地・八塩団地。ここで青春時代を過ごした5人・シュン(相葉雅紀)、ボン(松本潤)、タクマ(二宮和也)、ハル(大野智)、チュウ( 櫻井翔)は成人し、いつの間にかバラバラに。

しかし、ある出来事をきっかけに10年ぶりに再会することになりました。10年ぶりに彼らが集まった理由とは…。


嵐人気が不動のものだと改めて認識させられた今回の完売騒動でした。




マレフィセントの日本語版主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」 [映画]



7月5日公開の映画『マレフィセント』は、アンジェリーナ・ジョリー作品史上最高のオープニング成績を飾りました。


ディズニー・クラシック・アニメーションの名作『眠れる森の美女』の実写版アンジェリーナ・ジョリー主演の『マレフィセント』は、


『眠りの森の美女』のオーロラ姫に“永遠の眠り” の呪いをかけた邪悪な妖精・マレフィセントが主人公の映画で、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛を描くダークファンタジーです。



マレフィセントがロイヤル・ベビーのオーロラ姫に、『16歳になったら永遠の眠りに落ちる』という呪いをかける。

オーロラ姫を眠りから覚ますことができるのは真実の愛だけ・・・。



ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』と、その主題歌「Let it go~ありのままで~」が相乗効果で空前の大ヒットを記録していますが、


アンジェリーナ・ジョリーの主演映画『マレフィセント』初登場1位で『アナと雪の女王』連続記録がついに止められました。



『マレフィセント』では、原作と同じ主題歌が用いられていますが、日本語版のみ異なる訳詞をつけて作品の世界観を際立たせているそうです。

『マレフィセント』の日本語版主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」は、「♪あなたを守るために今 強くなろう」と母性愛を感じさせる歌詞になっています。



歌い手の名前はまだ伏せられていますが、『マレフィセント』の日本語版主題歌「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」、果たして『アナと雪の女王』の主題歌「Let it go~ありのままで~」のような爆発的ヒットになるでしょうか。




アンジェリーナ・ジョリーの主演映画『マレフィセント』初登場1位 [映画]



アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画『マレフィセント』が7月5日に公開され、土日2日間に動員50万837人、興行収入6.91億円を上げる快挙遂げました。


アンジェリーナ・ジョリー主演作品史上『Mr.&Mrs.スミス』(最終興収46.5億円)の週末記録を抜き、最高のオープニング成績を飾ると共に、今年公開された実写映画の中でも最高のオープニング記録を挙げました。


3月から16週連続興収1位の『アナと雪の女王』を抑え、初登場1位の大ヒットスタートです。



『マレフィセント』は、ディズニー・クラシック・アニメーションの名作『眠りの森の美女』のオーロラ姫に“永遠の眠り” の呪いをかけた邪悪な妖精・マレフィセントが主人公の映画で、“禁断の呪い”が生んだ究極の愛を描くダークファンタジーです


『禁断の呪い』をレフィセントはなぜオーロラ姫にかけてしまったのか。

そもそもマレフィセントは何者だったのか。

『眠れる森の美女』でも人気のある、呪いをかけた邪悪な妖精『マレフィセント』の視点から描かれます。



『マレフィセント』は、全国643スクリーン(字幕322/吹替え321)で公開。


初日の5日は、早朝から公開を待ちわびる熱心なファンが劇場に押しかけ、多くの劇場で、昼を過ぎた頃には夜以降の回が満席のため受付を終了した為、本編を見られずに劇場を後にした人も多かったようです。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。